福岡大大濠、初の4強はならず 東海大相模が準決勝へ

西日本スポーツ

 ◆選抜高校野球大会準々決勝 福岡大大濠0-8東海大相模(29日、甲子園)

 福岡大大濠の初の4強進出はならなかった。

 先発した馬場が初回に2点を先制されるなど東海大相模の打線につかまった。2回途中からエース毛利が2番手で登板したものの、流れは変えられず、3回までに計7失点。8回にも1点を加えられた。

 反撃したかった打線も東海大相模の左腕石田に14三振を喫した。3安打に抑え込まれ、得点を奪えなかった。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング