ソフトバンク守護神・森が今季初セーブも反省

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(30日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンク守護神の森が今季初セーブをマークした。2点リードの9回に登板し、先頭のモヤはフォークボールで空振り三振。安達に四球を与えたものの、続く杉本はフルカウントから外寄りへ制球した変化球で遊ゴロ併殺に仕留めた。

 オリックスベンチがリクエストをしたが、判定は覆らず試合終了。「チームが勝てたことが一番だが、本塁打で同点という場面にしたことは反省。無駄な四球に気をつけていきたい」と気を引き締めた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ