ソフトバンク甲斐、高め151キロを左翼ポール際に2号ソロ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(30日、京セラドーム大阪)

 甲斐が値千金の2号ソロを放った。1点リードの7回1死。2番手ヒギンスの高め151キロの真っすぐを捉えて左翼ポール際に放り込んだ。

 「(先発の)笠谷が頑張っていたので、何とか先に1点をという思いで打席に立った。追い込まれて、粘ろうという意識だったが、最高の結果で援護できて良かった」。バッテリーを組んだ今季初先発の笠谷を攻守でサポートした正捕手は満足そうだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ