浅い左飛でタッチアップ 工藤監督も拍手したソフトバンク・グラシアルの好走塁

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1オリックス(30日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンク・グラシアルの好走塁が先制点を生んだ。

 2回、先頭で左前打を放つと、続く中村晃の右前打で三塁へ進む。1死後、栗原の打球がやや浅い左飛となると、思い切りよくタッチアップ。スタートを予想していなかったのか、中継に入った三塁紅林のバックホームが遅れる間に、ヘッドスライディングでホームに滑り込んだ。

 助っ人の抜け目ない走塁に、工藤監督も「走ってこないだろうと相手が思っている中で走った。いい走塁だった」と拍手を送った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ