明豊高OBのソフトバンク今宮「勇気、希望を日本中に与えられる試合を」初の決勝進出の後輩にエール

西日本スポーツ

 ソフトバンクの今宮健太内野手(29)が31日、選抜高校野球大会準決勝で中京大中京(愛知)を破り、初の決勝進出を決めた母校の明豊(大分)ナインにエールを送った。

 甲子園に春夏計3度出場した今宮は、オリックス戦(京セラドーム)の試合前練習中に朗報を知った。球団を通じて「決勝進出おめでとうございます。ここまできたら優勝目指して頑張ってほしいです。全国の代表校という責任感をもって、最後まで勇気、希望を日本中に与えられる試合を期待しています。明豊らしく、元気ハツラツと熱いプレーをしてほしいです」とコメントした。

 自身も開幕から4試合連続でスタメン出場し、勝負強い打撃を見せるなど開幕4連勝に貢献。「自分も沢山の刺激をもらっているので、球児に負けず頑張っていきます」と力を込めた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ