ソフトバンク大竹まさかの初回6失点「情けない」3回で降板

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(31日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクの先発大竹が大荒れの内容で、3回を被安打7、7失点で降板した。

 初回、安打と2四球で1死満塁とされ、5番の中川圭に高めの変化球を左翼フェンス直撃の先制2点二塁打とされた。さらに2死満塁で、大城の中堅フェンス直撃の走者一掃二塁打と紅林の中越え二塁打を浴びて、この回だけで計6点を失った。

 3回には紅林の犠飛でもう1点を追加され、この回限りで降板。「初回からずっとボールが高かった。うまく修正できないままズルズルといってしまい、気持ちの切り替えもできなかった。先発させてもらったのに3回でマウンドを降りることになってしまい、申し訳ないし、情けないです」とコメントした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ