ソフトバンク開幕連勝「4」でストップ 大竹が大乱調 打線が後半反撃も

西日本スポーツ

 ◆オリックス7-2ソフトバンク(31日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクの開幕からの連勝が「4」でストップした。

 先発の大竹が初回に4安打、3四球の打者一巡の猛攻を受けて6点を失い、結局3回7失点で降板。打線はオリックス先発の増井に5回を2安打の無得点に抑えられた。

 7回に2番手の竹安から松田が左前適時打を放ち、さらに2四球で2死満塁と攻めたが、途中出場の真砂が3番手の富山に見逃し三振を奪われた。8回にも1点を返したが、序盤の失点が重すぎた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ