ソフトバンク川原が今季初登板で見せた「美技」

西日本スポーツ

 ◆オリックス7-2ソフトバンク(31日、京セラドーム大阪)

 4番手で登板した川原も、今季初登板を無失点で切り抜けた。

 8回から登板。先頭中川圭の高く弾んだ打球を背走しながら捕球しジャンピングスローでアウトにする華麗な守備を披露。2死から四死球で得点圏に走者を背負ったが、最後は紅林をスライダーで空振り三振に仕留めた。最速は149キロをマーク。「1年間1軍で」と目標を口にしていた左腕にとって、上々のスタートとなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ