ソフトバンク完敗も…期待の剛腕・杉山に工藤監督高評価「仕事しましたね」

西日本スポーツ

 ◆オリックス2-0ソフトバンク(1日、京セラドーム大阪)

 先発武田の後を受けた杉山が好リリーフを見せた。

 1点ビハインドの7回1死一、二塁でマウンドへ。太田からフォークボールで空振り三振を奪うと、佐野皓には真っすぐ2球で追い込み、3球目に外寄りの154キロ、力のある真っすぐで空振りさせた。

 2者連続奪三振でピンチを切り抜け「いつも(他の)中継ぎの方に助けられてばかりなので、自分らしい投球ができて良かった」と笑顔を見せた。躍動した剛腕を、工藤監督も「あそこで1点を取られてしまったら、というところだった。仕事しましたね」と高く評価していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ