猛アピール続ける西武6年目の呉念庭「大きかった」辻監督も高評価

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-6西武(2日、ペイペイドーム)

 呉念庭が再びバットでアピールした。

 4-0の5回2死一、二塁で石川から右前への2点二塁打。ダイビングしてきた右翼の栗原の前で打球が弾んだ。

 「しっかりと振れてバットの先だったけど、ヒットになった」と笑顔。辻監督も「あの2点は大きかった」とうなずいた。

 3月31日の日本ハム戦でも昇格即スタメンで1号ソロを放っており、ラッキーボーイ的な存在になっている。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング