西武、見えてきた勝利の方程式 8回平良、9回増田、ギャレットや佐野も

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-7西武(3日、ペイペイドーム)

 西武が開幕から7試合連続で先制し、逃げ切り勝ちを収めた。

 4点リードの6回には2番手の佐野が登板。柳田からのクリーンアップを3者連続三振に仕留め、流れを変えさせなかった。佐野は「ここ最近、球自体はずっといい感触。ただ、今日はいずれもフルカウントまでいってしまったところが反省点。どんどん早いカウントで勝負していければと思う」と話した。

 その後リードが開いたため、7回にギャレット、8回に宮川が登板。9回はプロ初登板の井上がピンチをつくり、最後は増田が締めくくった。

 西武の勝ちパターンは、8回に昨季新人王の平良、9回にセーブ王の増田が控えている。昨季急成長した森脇は右肩不調で出遅れているが、ギャレットや佐野がカバーしていくことになりそうだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング