初日DR戦は毒島中心 ダイヤモンドカップ 【宮島】

西日本スポーツ

 宮島ボートのG1「宮島ダイヤモンドカップ」が4日、激戦の幕を開く。今節は初日と2日目の12Rにダブルでドリームが組まれており、そのドリーム組は菊地孝平、茅原悠紀、西山貴浩、深谷知博が機2連対率40%超のエンジンを獲得。ただ、茅原と前節V機の深谷の気配がまずまずだったが、菊地と西山はトーンが上がらず、西山に至っては深刻な行き足不足だ。予選組は鶴本崇文が、機2連対率トップの49号機を手中。その他、上平真二と新田泰章の地元勢に、古結宏、森高一真、宇佐見淳、向後龍一、高田明、松尾拓らが好感触だ。前検一番時計は杉山裕也の6秒57。ドリーム第1弾は毒島誠のイン戦を信頼する。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング