ソフトバンク和田「見習わないと」弟子の笠谷に刺激受けた粘投 4日西武戦先発

西日本スポーツ

 4日の西武戦に先発するソフトバンク和田が粘りをテーマに掲げた。前回登板の3月28日のロッテ戦では7回途中3失点(自責2)と力投しながら、リードを許したまま降板した。「感覚はすごく良かったけど、大事なところで粘れなかった」。

 同30日のオリックス戦で6回1失点と好投して白星を挙げた笠谷に刺激を受けたと言い「調子が良くない中でも抑えるべきところを抑えていた。自分も見習わないと。後輩から教えられました」と、オフの自主トレをともにした“弟子”に負けぬ投球を誓った。4月3日の試合前はキャッチボールなどで調整した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ