西武ドラ1渡部、昇格即先発3打席目でプロ1号「どすこい」も見せた

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(4日、ペイペイドーム)

 この日初めて出場選手登録をされて即先発した西武のドラフト1位ルーキー渡部健人内野手(22)が、3打席目でプロ1号2ランを放った。

 7番指名打者で先発。第1、2打席はソフトバンク和田に空振り三振を奪われていた。6回、1死一塁で呉念庭の一ゴロが併殺と一度は判定されたが、辻監督のリクエストでリプレー検証が行われ、打者走者はセーフと判定が覆った。その直後に第3打席に臨んだ渡部は、1ボールから甘く入ったカーブを左翼席に運んだ。

 ダイヤモンドを1周した渡部は、三塁側ベンチ前でナインの祝福を受けた後、先輩の山川が見せる「どすこい」パフォーマンスを披露。「打った瞬間、入る手応えがありました。めちゃめちゃうれしいです。(2三振の後で)とにかくこの打席は何も考えずに…。来たボールを打とうという思いでした。(「どすこい」はドラフト4位ルーキーの)若林にやれと言われたので…」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング