ソフトバンク5連敗ついに借金生活…西武に本拠で17年ぶり3タテ食らう

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-4西武(4日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが5連敗で借金1となった。西武に本拠地福岡での3連戦で3連敗を喫したのは、ダイエー時代の2004年8月9~11日以来17年ぶり。

 先発の和田は2回に呉念庭に2号ソロを浴び、3回も1点を加えられた。1点差となった後の6回にはドラフト1位ルーキーの渡部にプロ1号2ランを被弾。6回を被安打6、4失点で降板し「6回表が1番反省するところだと思います。ホームランを絶対に打たれてはいけない場面だった。あのイニングを0点で抑えることができなくて、本当に悔しい。野手のみんなにも申し訳ない」とコメントした。

 打線は4回に柳田が2試合連続の3号ソロをバックスクリーンに運ぶなど反撃したが、その後の2死満塁や8回2死満塁の好機を生かせなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ