西武先発平井がドラ1渡部に「神です」援護の2ラン効いたチームは5連勝

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-4西武(4日、ペイペイドーム)

 首位の西武が1分けを挟んでの連勝を5に伸ばした。福岡での3連戦でホークスに3連勝したのは17年ぶり。

 2回に好調の呉念庭の2号ソロで先制。1点リードとなって迎えた6回には、この日出場選手登録をされて即先発のドラフト1位ルーキー渡部が、左翼席へプロ初安打初本塁打初打点となる2ランを放った。

 先発の平井は6回途中まで2失点で2勝目。「直球も変化球も全体的には良かったと思います。全体的な出来はそこそこ、といったところだと思います。2回、3回はリズム良く投げることができていました。一方で6回、途中で回を降りてしまったことが減点ですね…」と反省しながらも「渡部のホームランはベンチの前から見ていましたよ。めちゃめちゃうれしかったですね!(笑)神です。ナイスバッティングでした!」とルーキーをたたえていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ