06年箱根Vの亜大コーチにリオ五輪代表の佐々木 佐藤監督との“五輪コンビ”で12年ぶり箱根へ

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 2016年リオデジャネイロ五輪男子マラソン代表で、1日付で亜大陸上部のコーチに就任した佐々木悟氏(35)が6日、東京都武蔵野市の同大キャンパスで会見を行った。06年に箱根駅伝総合優勝を果たしながら10年を最後に出場から遠ざかるチームの立て直しに向けて「本気度を学生に伝え、結果を残したい」と抱負を語った。

 佐々木氏は秋田県出身。大東大、旭化成で活躍し、リオ五輪では日本人最上位の16位となり、昨年12月の福岡国際マラソンを最後に現役を引退した。就任に伴い、妻と愛犬を宮崎に残し、選手と寮生活を開始。旭化成の宗猛総監督から「走れるうちは一緒に走った方がいい」と助言されたという。

 同大は2000年シドニー五輪男子マラソン代表の佐藤信之氏が監督を務める。“五輪コンビ”で強豪の復活を目指す。(伊藤瀬里加)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング