ソフトバンク千賀が復帰戦で緊急降板 左脚痛めて担架で退場、球場凍り付く

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(6日、札幌ドーム)

 今季初登板だったソフトバンクの先発千賀がアクシデントに見舞われた。

 6回1死。渡辺のピッチャー返しに反応して捕球したものの、のけぞりながら倒れた瞬間、左足首を巻き込みひねる形になった。

 左足首付近を押さえながら苦悶(くもん)の表情を浮かべ、立ち上がることもできず、マウンド付近でうずくまり、担架で運ばれてベンチ裏へ。そのまま津森と交代した。

 千賀はここまで無失点と好投していただけに、球場は一気に静まりかえった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ