ソフトバンク柳田の打球どうなった? 本塁打判定も挟殺プレーに戸惑い、結果は…

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(6日、札幌ドーム)

 ソフトバンク柳田の強烈な打球が“珍判定”につながった。

 7回無死一塁で、左翼への大飛球がフェンス最上段に直撃し、グラウンドに戻った。三塁塁審が手を回してホームランの判定をしたが、日本ハム野手陣は打球を拾って二塁へ送球。柳田は挟殺プレーから二塁へスライディングしてアウトと判定され、戸惑いの表情を見せた。

 その後に審判団が確認し、判定は二塁打となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ