打球強襲で負傷退場のソフトバンク千賀は歩行困難な状態 球団が説明

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(6日、札幌ドーム)

 今季初登板だったソフトバンクの先発千賀がアクシデントに見舞われた。

 6回1死。渡辺の投直を処理したが、着地時に左脚を痛めた。左足首付近を押さえながら苦悶(くもん)の表情を浮かべ、立ち上がることもできず、マウンド付近でうずくまり、担架で運ばれた。

 球団は左足首に痛みがあり、歩行困難なため、アイシングとテーピングで圧迫処置をして、札幌市内の病院で受診すると発表した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ