ソフトバンク津森 「千賀ショック」の直後に緊急登板で4連続奪三振

西日本スポーツ

 ◆日本ハム0-7ソフトバンク(6日、札幌ドーム)

 ソフトバンク津森が緊急登板にも動じず4者連続三振の好リリーフを見せた。

 左足首を痛めた千賀に代わり、6回2死からマウンドへ。中田を149キロ直球で空振り三振に仕留めると、そのまま7回も続投。先頭野村を151キロ、浅間は152キロ、松本は149キロといずれも勝負球は直球で、奪三振ショーを展開した。「急な登板でしたが、目の前のバッターを抑えることだけを考えて投げた」と振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ