負傷退場の千賀 診断結果は捻挫、復帰未定「チームが勝てて良かった」

西日本スポーツ

 ◆日本ハム0-7ソフトバンク(6日、札幌ドーム)

 ソフトバンクのエース千賀は復帰登板で白星も、無念の負傷降板を強いられた。

 6回1死、渡辺の投手強襲のライナーを捕球した際、左足首をひねった。その場から立ち上がれず、担架で運ばれ緊急降板となり、札幌市内の病院で精密検査を受けた。

 球団は磁気共鳴画像装置(MRI)、エックス線検査の結果、左足首の捻挫と診断されたと発表。今後は専門医の再診を受けてから判断するという。復帰時期は未定とした。

 千賀は球団を通じ「アクシデントがありましたが、今日はとにかくチームが勝てて良かったです。先制してもらい楽にマウンドにあがることができました。今後の予定はまだ分かりませんが、またすぐに登板し、チームの勝利に貢献できるようにしたいです」とコメントを発表した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ