川内優輝が描く理想のマラソン大会は 九州の伝統的レースへの思い

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 プロランナーの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が本紙のオンラインインタビューに応じ、市民参加型のレースが増え、伝統のレースが終了に追い込まれている現状を憂えた。びわ湖毎日マラソンが2月末に行われた大会を最後に琵琶湖畔でのレースに幕を閉じ、福岡国際マラソンも今年12月限りでの終了を発表。川内は歴史のある九州の大会存続に向けて独自の案も出した。 (聞き手・構成=伊藤瀬里加)

「もったいない」

 -これまで、九州でのレースにも数多く出場した。印象は。

 九州は競技レベルが高い大会が多い。唐津10マイルロードレース、玉名ハーフマラソン、奥球磨ロードレース…。奥球磨は地域を挙げて盛り上がっているけど、唐津はあれだけいい記録が出て、いい選手が集まっているのに、あまり市民が興味がない。もったいないという感じがある。

 -唐津10マイルのようなタイプの(トップレベルのランナーのみが出場する)エリートレースは近年、収益性の高い市民マラソンに形を変えるケースも増えている。

 福岡などからもしっかりお客さんを呼び込んで唐津にお金を落としてもらい、「これだけ経済効果がある」と言うことができれば、市民マラソン化しなくても競技レベルを見てもらうことで面白いことができる。唐津もそうだし、そういう大会がいくつかある。

 -昨年の唐津10マイルでは、ファンとの交流イベントにも参加した。

 レース後にサイン入りグッズをプレゼントするじゃんけん大会があった。そういう形で盛り上げると、今までの日本の伝統的なレースがさらに面白くなって、いろんな人を巻き込んで、地域にも認められる。

 -理想の大会は。

 一部の陸上ファンだけでなく、市民との交流が増えるなら「伝統あるレースは大事にしていかないといけないよね」というふうになると思う。九州は伝統的なレースがすごく多い。ロードレースでも奥球磨、玉名、唐津とある。延岡西日本、別府大分毎日、福岡国際(取材後に今季限りの終了を発表)も伝統的ないいレースだと思う。そういうレースも大事にしてほしい。

 -市民マラソンだけでなく、レベルの高いレースも必要。

 日本全国、エリートレースをつぶしてフルマラソンという形が多かったけど、熊日30キロはエリートの部分は残して熊本城マラソンを一緒に開催した。ここもすごく独特。市民マラソンのおもてなしと、30キロのトップレベルの走りをうまく両立させた点では、他の地域も学ぶことはある。

 -当面は“ウィズコロナ”でのレース運営が必要になる。

 当面はうまく両立するしかない。現状ではトップ選手にPCR検査を義務づけプラス地域限定の形がいいのでは。一気に全国規模となるとハードルが高い。どんな形であっても、開催できる形で開催して、続けていくことが大事だと思う。

靴に合う走りを

 -選手個々に目を移すと、昨年は福岡国際や今年2月のびわ湖で好記録が続出するなど高速化に拍車がかかっている。

 よく言われる「意識の壁」の部分。設楽(悠太)選手や大迫(傑)選手が日本記録を破った時、「誰かが日本記録を破ったら、どんどん記録が出る」と聞いた。靴やトレーニングの変化だけでなくそういうことが起こっている。

 -好記録はトラックやハーフマラソンの持ちタイムが速いスピードランナーばかりではない。

 よく、スピード型の選手の話ばかりで、(クッション性のある厚底で)終盤足が持つようになったからいい記録が出ると言われるけど、私などは違うと思う。従来は1キロ3分につけるような選手ではないと思うが、トレーニングと靴のおかげで、ついていけるスピードまで持ってきた。スタミナ型の選手にスピードが出て記録も伸びたという視点も必要。

 -びわ湖でアドバイザリースタッフ契約を結ぶアシックス社の試作品厚底シューズを履いた。

 厚底は跳ねる感じ。うまく跳ねていくと、呼吸が楽になる。昨年の福岡国際くらいまでは呼吸が苦しくなって集団から落ちることが多かった。今回は呼吸が楽だったので、30キロくらいまでずっと余裕があった。

 -靴に合わせる筋力強化も並行して行った。

 これもどうなのかな…と思うけど、靴に合った走りをしていかないといけない。私は特に蹴りが強い選手だったが、弾ませる、回転させるような走りになり、今まで熱心にマッサージしていたふくらはぎをあまり使わなくなった。逆にハムストリングスとか腰、股関節に(負担が)くるようになり、股関節のストレッチや、ハムストリングスのはり治療をした。あとはレッグカールなどで筋力的にも鍛えた。

 -今後の日本代表選考にも影響はありそうか。

 鈴木健吾選手が(びわ湖毎日で日本記録を)出した2時間4分台はスピードがないとどうにもならない部分がある。しかし、2時間6分台なら1キロ3分で走ればいい。パリ五輪の選考方法がどうなるか分からないけど、東京五輪みたいな方式になれば2時間6分台のベストを持っていれば誰が勝ってもおかしくない。スピードだけでない、面白い展開になるのではないかと思う。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング