ソフトバンク・リチャード、理想の打球は「~系」 2軍戦でのHRにも満足せず

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ オリックス1-7ソフトバンク(6日、京セラドーム大阪)

 4年目の大砲候補リチャードが、怪力ぶりを見せた。

 「4番三塁」でスタメン出場した9回、オリックス比嘉の143キロ直球を捉えた一打は「ちょっと詰まったんですけど、よく飛びました」と中堅左へ飛び込む2号2ラン。ただ藤本2軍監督は、6回の空振り三振など「凡打の内容が悪い。打席ごとにまだムラがある」と苦言。リチャードも自覚しており「ボールとバットの正面衝突ではなく、グラシアルさんのような強い打球を打つことを意識している。ライナーでホームラン。グラシアルさん系です」と自らの課題克服も誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ