寺田得点率トップ浮上 ダイヤモンドカップ 【宮島】

西日本スポーツ

 宮島ボートのG1「宮島ダイヤモンドカップ」は8日、予選ラストの5日目を迎える。4日目を終え、4戦2勝の寺田祥が得点率トップに浮上した。6Rは大まくりの芸当を披露したように伸びは軽快。しかも最後に2回目の絶好枠があるため、首位通過へ視界は明るいとみる。前日にトップの桐生順平が2位、伸びが上々な杉山裕也が3位で追う。ただ、両者が6号艇を残す中、4位タイの山口剛は2回目の1号艇と、準優1枠を巡って最後まで目が離せない。準優入りのボーダーを6・00に想定すると5人が当確。ドリーム組は辻栄蔵、毒島誠、茅原悠紀、菊地孝平が圏外からの勝負駆けだ。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング