坂井聖人 男子200m背泳ぎで決勝へ 地元・福岡での大舞台も視野

西日本スポーツ

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第5日が7日、五輪本番会場の東京アクアティクスセンターであった。

 坂井聖人(セイコー)=福岡県柳川市出身=が、男子200メートル背泳ぎで決勝に進出した。リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した200メートルバタフライで予選敗退。ショックは大きかったが「バタフライは来年の世界選手権に向けて五輪の期間に鍛える」と地元福岡での世界選手権に向けて切り替えていた。背泳ぎは本職ではないが、第一人者の入江に次ぐ2位で決勝へ。「最後まで諦めずに頑張りたい」と力を込めた。

PR

水泳 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング