ソフトバンク増田 2年ぶりの一発に「気持ちいい」

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ オリックス3-7ソフトバンク(7日、京セラドーム大阪)

 4年目の増田が、ファームで2年ぶりの一発を放った。

 3-3の同点で迎えた6回、オリックス・吉田一の140キロ直球を左中間席へ運ぶ勝ち越し1号ソロ。「あの打席は思い切っていけました。ドームでの本塁打って、気持ちがいいですね」と満足げだった。一昨年11月に右手首を手術し、昨年8月に実戦復帰。今年2月の宮崎キャンプはA組で“完走”した。ガッツあふれるプレーで、松田の後継者候補として“マスオ”と親しまれる元気印は、6日の試合も2安打4打点。「元気もあるし、ああいう選手がチームを引っ張っていってほしいよね」と藤本2軍監督も高評価だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ