二保の状態は「今年1番」千賀離脱で代役候補に浮上

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ オリックス3-7ソフトバンク(7日、京セラドーム大阪)

 先発の二保は6回を投げ、8安打3失点。

 ただ失点した2回は1死一塁から、三塁のリチャードが右膝に打球を当て(記録は内野安打)、そこからピンチが広がっての2失点。「あれはリチャードの“エラー”。ゲッツーで終わっていた。6回3失点という数字だけを見られるとかわいそう」と藤本2軍監督。3回には150キロをマークするなど「調子自体は、今年一番良かった」と倉野ファーム投手統括コーチも評価した。7日にエース千賀が出場選手登録を外れ、先発ローテーションの今後が不透明なだけに藤本2軍監督も「(1軍昇格の)チャンスはある」と語った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ