バット直撃も続投したソフトバンク武田「責任感じる」

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(8日、札幌ドーム)

 ソフトバンク先発の武田は6回途中2失点と試合をつくった。

 2回無死三塁で浅間を投ゴロに打ち取った際に、折れたバットが直撃するアクシデントがあったものの続投。直後に先制された。5回に勝ち越しを許すと、1点リードを許したまま6回途中で降板となった。

 「リズムの悪い投球になってしまった。あれだけ守備の時間が長いと、攻撃にもつながらないと思う。もっと攻めの投球をしていかないといけない。責任を感じます」と反省を口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ