九州勢をまとめる野口大誠がV最短 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトは各階層の準決を実施し、チャレンジ戦は吉田勇気(福岡)と内藤久文(愛知)が連勝で優出に成功。1、2班戦は7、8Rで中野雄喜(京都)、緒方将樹(熊本)がそれぞれ逃げ切り。最終9Rは田上晃也(岡山)が6番手捲りで強襲。人気の九州勢をゴール前でとらえた。

 最終日の8Rチャレンジ決勝は自力パワー上位の内藤、9Rの1、2班決勝は九州4車の番手を回る野口大誠(熊本)に期待する。

【8R・チャレンジ決勝のコメント】
(1)内藤久文 捲りになったし、後方から立て直すのが下手だった。脚自体は悪くない。自力で頑張る。
(2)吉田勇気 連日、福岡でワンツースリーが決まってうれしい。脚は初日よりも良かった。自力で。
(3)大中拓磨 (先行して3着)最後は我慢が足りなかったけど、状態自体は悪くないですね。自力で。
(4)樫村伸平 内藤君を止められなかったけど、大中君の頑張りで優出できました。また大中君の後ろ。
(5)木谷 凉 まだ新車の調整がうまくいってないけど、良くはなってきていますよ。吉田君マークで。
(6)森山昌昭 吉田君は、ちゃんと先行ができるんだね(笑)。優出できてうれしい。木谷君の後ろで。
(7)高松直満 優出はラインのおかげ。練習の成果が出ていますね。小倉の3人と話をして、内藤君に。


【9R・1、2班決勝のコメント】
(1)野口大誠 カマシて逃げても押し切れると思ったけど…。道中のペースを誤ったかな。緒方君に。
(2)中川勝貴 中野さんを残すつもりが、強くて抜けなかった。前回より脚はいい。また中野さんに。
(3)緒方将樹 (鐘3半カマシで逃げ切る)自分の長所を生かしたレースができた。状態は万全。自力。
(4)徳永哲人 藤井君が迫って来たし、緒方君をうまく差せなかった。でも状態は悪くない。野口君。
(5)中野雄喜 ギアの組み合わせを以前のモノに戻したら楽になったし、感触も良かった。自力勝負。
(6)田上晃也 (後方から強襲)スピードレースは嫌いじゃないし、最後は何とか届きました。単騎で。
(7)佐々木翔一 野口君が一気にカマシたから苦しくて、余裕もなかった。決勝は熊本の後ろを固める。


<各レースの見どころ>

(1R)自力の決まり手がある陶器が好機から駆けて粘り抜く。和田は動き悪くない木幡の自在戦に託す。
【3連単】陶器から2=5―13。


(2R)行成が自力を宣言したが、本職の伊藤に対抗できるとは思えない。
【3連単】伊藤の押し切りで3―4―12。行成が飛び付く形になると3―2=1。


(3R)高知コンビが軸。伸び悪くない赤松が本調子には遠い倉松を差し切る読み。真鍋は単騎で乱す。状態の良さなら田山。
【3連単】赤松から2―1―347。もつれて田山の一撃7―25―2345なら高配当必至。


(4R)一頃に比べて格段に脚を上げている蔣野の逃げイチ番組。番手の斎藤は前回連係時に切れたが、今回こそは食らい付く。
【3連単】四国両者で1=3―256。


(5R)福岡の高得点コンビで連独占だ。窓場は「福岡勢から」。池川は連日、後方からの捲り勝負だが、同県の大先輩・塩川に任されたら早めに駆けていくかも。
【3連単】福岡勢で1=2―346。


(6R)感じが悪そうな日野が「(準決を)反省しての自力」と好気合。鈴木は中国と四国の攻防に期待しての中団策か。
【3連単】日野が実力発揮で1―6=234。


(7R)超格上の前反を連れた藤井がロング自力に挑戦だ。単騎の西村は中団からコースを探して突っ込む。
【3連単】前反から1=2―345。藤井の失速次第では1―45―245。


(8R)2日間とも捲り勝負の内藤。調子はそれほど良くないが、通算2Vの実績は吉田と大中よりも上だけに軸視。大中と内藤で消耗し合えば、吉田が一発で悲願の初優勝も。
【3連単】内藤は1―23―2347。吉田なら2―14―1457。


(9R)日野、藤井といった特選回りの機動型が脱落。熊本勢の後ろを佐々木まで固めれば、このラインから優勝者が出るだろう。もちろんその筆頭は緒方マークの野口。次位は「確定板に載る」と意気込む緒方。
【3連単】野口がV最短で1―3―246。緒方が失速すると1―24―246。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング