折れたバットまさかの直撃、受難のソフトバンク武田 粘投も反省の弁

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-4ソフトバンク(8日、札幌ドーム)

 先発の武田はアクシデントに耐えて6回途中2失点と粘った。

 2回無死三塁で浅間を投ゴロに打ち取った際に折れたバットが右太もも付近を直撃。一塁送球後にマウンドでうずくまった。ベンチ裏で治療を受けた後に続投し、樋口に許した適時打2本による2失点で踏ん張った。

 それでも9安打3四球で毎回走者を背負い、118球を要した投球内容を「リズムが悪く、あれだけ守備の時間が長いと攻撃にもつながらない。責任を感じる」と反省した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ