ソフトバンク9回絶好機生かせず 周東猛打賞も今季初引き分け

西日本スポーツ

 ◆楽天1-1ソフトバンク(9日、楽天生命パーク宮城)

 ソフトバンクは今季初めての引き分けに終わった。

 先発の石川が4回2死一、三塁、渡辺佳の内野安打で1点を先制されたが、直後の5回1死二塁で周東が涌井からこの日3安打目となる中前適時打を放ち、追い付いた。

 9回無死、デスパイネの内野フライを一塁の鈴木大が捕れず(記録は失策)先頭打者が出塁した。中村晃が送って、松田の四球で1死一、二塁となり、甲斐の代打川島は空振り三振。周東の代打今宮も歩いて2死満塁となって、工藤監督は3者連続の代打となる長谷川を牧原大に代わって送り出した。だが長谷川は守護神松井の前に空振り三振に倒れ、チームの勝利の可能性がなくなった。

 その裏、森が3日連続で登板。3人でぴしゃりと抑えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ