西武辻監督 新打順に「これがいいのかな」1番若林の勢い&9番金子の意地

西日本スポーツ

 ◆ロッテ4-7西武(9日、ZOZOマリンスタジアム)

 西武が逆転勝ちで連敗を3で止めた。

 辻監督は打線にメスを入れ、1番にルーキーの若林を起用。これまで1番を務めていた金子を9番に回した。

 初回、いきなり若林は初球を左前打。続く源田の初球に二盗を決め、わずか2球で得点圏のチャンスをつくった。3、8回にも四球で出塁。8回にはリーグトップの6個目の盗塁も決め、逆転につなげた。一方の金子も2安打1盗塁と気を吐いた。

 辻監督は「(若林は)良かったね。フォアボールもよく選んだ。そうしたら金子も9番に入ったらいい仕事をした。(打順は)これがいいのかなってなっちゃうよね。(2番の)源田を含めて3人、足が使える選手がそろう」と手応えを感じていた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング