先制&逆転2発のニューヒーロー西武愛斗 千葉でともに屈辱味わった同期との誓い

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆ロッテ4-7西武(9日、ZOZOマリンスタジアム)

 連敗を止める一撃が右中間ホームランラグーンに飛び込んだ。主役は6年目の愛斗。2回のプロ初本塁打の先制ソロに続き、2号逆転3ランをド派手に放った。「入るとは思わなかった。勝てたことが一番うれしかった」とはにかんだ。

 3点を追う8回。3四死球から呉念庭の中前2点打で1点差に迫り、1死一、三塁で回った打席。「三塁走者だけでもかえそうという気持ち。焦りはなくて、何か打てそうだなと自分で感じた」。小野の直球を逆らわずに逆方向に運んだ。

 昨年11月8日、同じ千葉での試合。CS進出がかかった大一番で呉念庭とともにスタメン出場した。好機で2人そろって三振。チームは敗れ、CSを逃した。春季キャンプはともにB班(2軍)。同期の呉念庭と「2人で圧倒的に打とうと話していた」。

 ともに2軍戦で打ちまくった。先に昇格した呉念庭がプロ初アーチなどの活躍。遅れて愛斗も1軍に呼ばれ「ファームのようにやっていれば大丈夫」と声を掛けられた。2軍戦で打率4割2分6厘の自信があった。「1軍でやるためには何を求められているのか。それは確率を上げること」と打撃フォームを固めた。

 敗戦ムードをひっくり返し、連敗を3で止めた。辻監督は「普通にいったら負けパターン。若獅子が救ってくれた」と目を細めた。プロ初本塁打は今季5人目。相次ぐ主力離脱のピンチを若獅子がチャンスに変えている。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング