ソフトバンク千賀、左足首の靱帯損傷が判明 復帰まで2~3カ月…東京五輪出場は困難か

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは10日、千賀滉大投手(28)が9日に福岡県久留米市の病院でMRI・CT検査を受け、左足首の靱帯損傷と診断されたと発表した。今後は数日間自宅で静養するという。競技復帰までは2、3カ月の見込みで、東京五輪出場は微妙になった。

 両ふくらはぎの不調で出遅れた千賀は、今季初登板だった6日の日本ハム戦(札幌ドーム)での守備の際、左足首をひねって担架で運ばれ緊急降板していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ