西武は受難の一日 愛斗2戦連発も敗戦 若林は負傷退場

西日本スポーツ

 ◆ロッテ6-2西武(10日、ZOZOマリンスタジアム)

 9日に鮮やかな逆転勝ちをした西武は、連勝を逃した。

 先発の浜屋は初回1死、マーティンに右越えの先制ソロを浴びると、3回には先頭のマーティンに2打席連続被弾。さらに山口に2点打を打たれ、この回限りで3回を被安打7、4失点で降板した。

 打線は5回に愛斗が2試合連続本塁打となる左越えの3号ソロを放ち、源田の二塁打でもう1点を加えたが、反撃は及ばなかった。この日、山野辺が左手親指を痛めて出場選手登録を抹消され、若林も5回に自打球を右膝に受けて退場。チームにとって受難の一日となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング