ソフトバンク真砂 打率4割4分4厘、右打ちの成果

西日本スポーツ

 ◆楽天8-8ソフトバンク(10日、楽天生命パーク宮城)

 今季2度目のスタメンとなった真砂が、2点適時三塁打を放った。8番中堅で出場し3回2死一、二塁で追い込まれながら、左腕弓削の沈む変化球を右翼ライン際に運ぶ技ありの一打。「打ったのはチェンジアップ。逆方向への意識と、粘ろうと思っている中、うまく打つことができた」。習得した右打ちの成果もあり打率4割4分4厘と好調を維持し、存在感を示している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ