【クローズアップ】木下一気に巻き返す 【大村】

西日本スポーツ 橋口 文子

 これからが本番だ。1回走りだった初日5Rで、3着争いに敗れて6着に沈んだ木下翔太(30)=大阪=は「3周1M、レースミスしました」と悔しさをにじませた。

 手にした46号機は実績のないエンジンだが「(機2連対率が)28%という感じではないし、スリット付近も一緒くらいだった。悪くはない」と機歴以上の手応えを得ている。

 2013年にG1デビューを果たし、通算ではG1 12優出、SGでも3優出の実績。強豪がひしめく大阪支部の中でも、めきめきと頭角を現している一人だ。昨年は当地のG1 68周年でも優出((6))していて「大村はナイターになってから悪くないですね。昨年も記念で優出できたので」と相性はまずまず。「やっぱりそろそろG1優勝が欲しい。初日の6着は痛いけど、取り返せるように頑張ります」と、気合は誰にも負けていない。2日目からは初日の失敗を感じさせない走りを披露し、一気に巻き返すつもりだ。 (橋口文子)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング