「プレッシャーかけながら…」西武辻監督、故障禍での兵法ズバリ! カード勝ち越し

西日本スポーツ

 ◆ロッテ1-2西武(11日、ZOZOマリン)

 西武が逆転勝ちでカード勝ち越しを決めた。

 

 1点を追う4回。中前打で出塁した源田が二盗、三盗を続けざまに決め、中村の左犠飛で同点のホームを踏んだ。5回も中前打の佐藤が暴投で一挙に三進し、山田の勝ち越し右犠飛を呼び込んだ。

 辻監督は「(相手先発の鈴木は)球威があるし難しいピッチャーだなと思った。塁に出ることでプレッシャーをかけて、走者に少しでも意識がいけば、制球ミスが出るかもしれない。そういう意味ではプレッシャーをかけながら犠飛で点を取れたのは良かった」と振り返った。

 この試合でチームは4盗塁。3連戦では計10個の盗塁を決めた。主軸に加え、脇役にも故障者が相次ぐ中、効果的に加点。辻監督は「若い選手が多くなって、走れる選手がいる。次のカードでも『みんな走ってくるよ』と警戒してくれればまた違ったこともできるだろう」と説明した。

 ロッテとの3連戦を終え、カードが1回り。けが人が続出する中でも貯金3をつくった。辻監督は「貯金3はいいかもしれないけど、本当にこれから大変だと思う。本当に不安だらけ。でも、ピンチであって、若い選手にとってはチャンス。今までレギュラーでやってきたメンバーと一緒に戦っていろんなことを学んで成長してくれれば。チーム力として、みんなが帰ってきたときにさらに強くなっているような気がするんでね」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング