西武平井リーグトップ3勝目、7回5安打1失点 「不安だらけだけど…」辻監督

西日本スポーツ

 ◆ロッテ1-2西武(11日、ZOZOマリンスタジアム)

 先発転向した西武の平井が開幕から3戦3勝でリーグトップに躍り出た。7回5安打1失点。一度も先頭打者の出塁を許さず、8三振を奪い「調子は良かった。(森)友哉が強気の攻めをしていたので、それに応えようと思った」とうなずいた。

 3回に先制点を許したが、尻上がりに調子を上げた。2-1の7回2死二塁では、代打鳥谷を二飛に打ち取った。8回から平良、増田の鉄壁の救援陣に託し、「信頼して見守った」とベンチで勝利の瞬間を見届けた。

 チームは主力野手陣から脇役まで故障者が続出。ギャレット以外の外国人も合流できていない。そんな中でも貯金3。辻監督は「不安だらけだけど、若い選手にはチャンス。みんなが帰ってきた時にさらに強くなる気がする」と前を向いた。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング