西武外崎が左脚を手術 3カ月以内の実戦復帰目指すも東京五輪厳しく 

西日本スポーツ

 西武は12日、外崎修汰内野手(28)が6日に東京都内の病院で骨折した左腓骨(ひこつ)の固定術を受けたと発表した。3カ月以内での実戦復帰を目指すといい、東京五輪出場は厳しくなった。

 外崎は3日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で左足首付近に死球を受けて骨折と判明していた。

 また粟津凱士投手(24)が5日に神奈川県内の病院で右肘鏡視下骨棘(こっきょく)切除術と内側側副靱帯(じんたい)再建術を受けたことも発表された。全治1年以上という。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング