千賀の穴は…チーム最年長ソフトバンク和田の思い

西日本スポーツ 鎌田 真一郎

 福岡ソフトバンクの和田毅投手(40)が12日、投手陣に「総力戦」を呼び掛けた。6日の日本ハム戦で左足首を痛めた千賀は前半戦の復帰が絶望的な状況。「1人で千賀の分をカバーするのは無理。先発だけでなく、中継ぎを含め全体でカバーできれば」と強調した。

 大黒柱の離脱に伴って先発ローテも再編。和田の登板日も当初予定されていた11日から14日のオリックス戦(ペイペイドーム)に変更。今回は中9日の登板となる左腕は、12日は本拠地での先発投手練習で調整して「投げる日に100パーセントの状態に」と誓った。

 13日にオリックス3連戦の初戦に先発する笠谷は「取らなきゃいけない。野球は流れがある」と強調。3月30日の今季初対戦では6回1失点で白星を挙げた相手。中5日の今回は「火曜日なので、なるべく長く投げたい」。チーム最年長のベテランの思いは、24歳の若き左腕にも伝わっている。(鎌田真一郎)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ