松山英樹の勢いに続け! 東北福祉大後輩、ソフトバンク右腕が評価急上昇中

西日本スポーツ

 2年目の津森が「勝利の方程式」に入る可能性が高まった。150キロ台の快速球を軸に、今季は7試合連続無失点。計5回1/3を投げて8奪三振のサイド右腕について、森山投手コーチは「今年すごく伸びた。力で抑えられる投手なので(勝ちパターンで)使っていいかなと思う」と話した。

 救援陣はモイネロが8回、森が9回を任されているが、7回は流動的。森山コーチが「(津森は)ストライクゾーンにどんどん投げられている」と指摘するように、今季は1四球と制球の安定感も増している。男子ゴルフのマスターズ・トーナメントを制した松山英樹は東北福祉大の先輩。評価急上昇中の右腕が先輩の勢いに続く。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ