ソフトバンクのマルティネスが入団会見「連覇に貢献」、18日に実戦登板

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの新外国人ニック・マルティネス投手(30)が13日、ペイペイドームで入団会見を行った。

 先発ローテーションの一員として期待される右腕は「4年連続日本一のチームに加わることができてグレイトな気持ち。ベストの力を出して連覇が続くよう貢献するだけ」と笑みを浮かべた。

 13日は筑後のファーム施設でキャッチボールやダッシュなどを行った。18日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)で実戦登板に臨む見込み。

 マルティネスは日本ハムに加入した2018年に10勝(11敗)を挙げたが、19年は故障の影響で1軍登板はなし。昨季は登板17試合で2勝(7敗)に終わり、シーズン後に自由契約となっていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ