ソフトバンク好調栗原が初回先制打も…連勝4でストップ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-7オリックス(13日、ペイペイドーム)

 引き分けを挟んで4連勝中だったソフトバンクの連勝が止まった。

 先制はソフトバンク。初回、打撃好調の栗原がもたらした。2死からの連続四球でもらった一、二塁の好機で、田嶋の高め直球を右前へ。二走の柳田を生還させた。「今日も先制点を取るんだという気持ちで打席に入った。いいスイングで打つことができた」。10日の楽天戦以来の先制打で連勝中のチームを勢いづけた。

 6年目の昨季、持ち前の打撃力でブレークを果たし、日本シリーズでも打率5割と活躍して最高殊勲選手に輝いた。今季はオープン戦で打率1割8分6厘と苦しんだが、開幕戦から2戦連続でマルチ安打を記録すると、3戦目には1号本塁打をマーク。打線全体が低調な中で気を吐き続け、9戦目からは5番を任され続けている。

 試合前、小久保ヘッドコーチは「強敵です」と相手先発の田嶋攻略が容易ではないことを示していた。その上で、理想の試合展開を「少ないチャンスをものにして(自軍)ピッチャーに期待です」と強調。その期待通り、好調の栗原がしっかりと最初にできた好機をものにした。

 だが、その直後の2回に先発の笠谷が先頭への四球をきっかけに1死からの3連打で追いつかれると、打線は2回以降、田嶋から無安打。6回には2番手の津森が代打T-岡田に勝ち越しの中前打を浴びた。9回には5番手の田浦が一挙5点を失い、突き放された。

 6点を追う9回に川島の2点二塁打、代打長谷川の適時打で追い上げたものの、及ばなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ