「熊本はバドミントン」復興途上の故郷と歩み重ねるフクヒロ、誓う金メダル

西日本スポーツ 末継 智章 伊藤 瀬里加

 東京五輪の開幕まで残り100日に迫った14日、熊本地震は発生から5年を迎えた。バドミントン男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)=ともに熊本・八代東高出身=をはじめ、東京五輪での活躍を目指す熊本ゆかりのアスリートたちが西日本スポーツの取材に応じ、故郷への思いと五輪に向けた決意を明かした。(末継智章、伊藤瀬里加)

 3月の全英オープンでソノカムと同じく準優勝した女子ダブルスの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)はともに熊本県出身。八代市出身の福島は「被災しても逆に応援し続けてくれる県民の方々が心の支え。これからも一緒に頑張りたい」と復興途上の故郷と五輪で金メダルを目指す自らの歩みを重ね合わせた。

 当時は2人とも県内の実業団チームに所属。国際大会から帰ってきた後、県内の避難所でボランティア活動をした。和水町出身の広田は「今まで知っていた風景がなくなり、ショックだった」と振り返り、「熊本はバドミントンが盛んで競争心を培えた。試合を通じて元気や勇気を届けたい」。福島は「一日一日頑張ってきた私からするともう5年だけど、地震からの復興を考えるとまだ5年で複雑。地元にできるのはいい結果を報告することだけなので、みんなで金メダルを獲得して恩返しをしたい」と誓った。

 

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング