好調ソフトバンク栗原、5番定着以降打率3割5分7厘…この日も先制打

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-7オリックス(13日、ペイペイドーム)

 打撃好調のソフトバンク栗原が先制打を放った。

 初回2死一、二塁で田嶋の高め真っすぐを右前に運んだ。「先制点を取るんだという気持ちで打席に入った。いいスイングで打てた」。4日の西武戦以降は5番に定着して以降の8試合で28打数10安打、3割5分7厘の高打率をマーク。打率、打点はチームのレギュラー陣トップで力強く打線をけん引している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ