ソフトバンク・ロドリゲスが入団会見「キューバでもクローザー。日本でもやりたい」代表経験もある22歳の豪腕

西日本スポーツ

 ソフトバンクの新外国人、アンディ・ロドリゲス投手(22)が14日、オンラインで入団会見を行った。グラシアルデスパイネモイネロに続くチーム4人目のキューバ人選手となる。育成契約で背番号は140。

 同じ育成契約から球界を代表するセットアッパーとなったモイネロと同様に、将来性の高さを評価される右腕。快速球に加え、変化球はスライダー、チェンジアップを操る。球速を問われて「95マイル(約153㌔)は出る」と話し、さらに「キューバでもクローザーをやっていた。日本でもやりたい。自分が投げて、試合が勝って終わるのが好き」と守護神への意欲を見せた。

 2019年の国際大会「プレミア12」にキューバ代表として出場。チームや日本野球などについては「自分が入団したホークスは4年連続日本一で強い。日本の野球はレベルも高く、いつかプレーしてみたい気持ちがあった。長くしっかり活躍できる選手になりたい」と語った。会見前には筑後のファーム施設でのキャッチボールなどで汗を流した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ