西武今井が今季初勝利 5四死球でも6回1失点

西日本スポーツ

 ◆西武2-1日本ハム(14日、メットライフドーム)

 西武先発の今井が、6回を1失点でまとめて今季初勝利を飾った。

 今井は前回登板までの2試合10イニングで13四死球。今回も5四死球を与えたが、威力のある真っすぐで押して7三振を奪い、守備の乱れが絡んでの1失点でとどめた。

 「立ち上がりは丁寧にしっかりゾーンの中で勝負していこうという意識で入りましたが、結果的に良かったと思います。リズム良く入れたので、いいイメージを持って投げることができました」

 打線は初回に森、3回に呉念庭が適時打。投手陣も7回以降、ギャレット、平良、増田の強力救援陣が日本ハムの反撃を封じこめた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング