ソフトバンクの新外国人投手が敬う同じキューバ出身左腕

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの新外国人右腕でキューバ出身のアンディ・ロドリゲス投手(22)が14日、オンラインで入団会見を行い、クローザーへのこだわりを示した。背番号140の育成契約ながら「キューバでもクローザーをやっていた。日本でもやりたい。自分が投げて、試合が勝って終わるのが好き」とあふれる思いを語った。

 185センチの長身から投げ下ろす150キロ台の直球とスライダー、チェンジアップを操り、2019年の国際大会「プレミア12」にキューバ代表で出場。入団決定後にはチームメートになったグラシアルデスパイネモイネロと話す機会も得たという。

 特に育成から球界屈指のリリーバーとなったモイネロを「野球に関して自分の道をつくってくれた偉大な存在」と敬う。「日本の野球はレベルも高く、いつかプレーしてみたい気持ちがあった」。4年連続日本一の球団で、才能を開花させる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ